カブトムシニュース|相模原

 世界最大のカブトムシやクワガタムシなど「世界一」の昆虫を生体展示する企画展が現在、相模川ふれあい科学館(相模原市中央区水郷田名1、TEL 042-762-2110)で開かれている。(町田経済新聞)

 ヘラクレスオオカブト、ギラファノコギリクワガタ、エレファスゾウカブトなど「世界ナンバーワン」の称号を持つカブトムシやクワガタムシのほか、カレハカマキリ、ランカマキリなど枯れ葉やランの花に擬態することで有名なカマキリの仲間や世界最重量のヨロイモグラゴキブリが集合。

 大きさだけでなく、タランチュラ、サソリ、ムカデなど「世界最恐の虫たち」や、カイコ・アリジゴク・ワモンゴキブリなど身近な場所に生息する「意外な世界一」の昆虫も紹介する。

 昆虫トリックアートの写真撮影コーナー、最近大きな問題となっているペット遺棄問題の解説パネルも設置するほか、期間中の週末を中心に昆虫観察ツアーや昆虫工作、昆虫飼育講座、ミヤマ仮面の昆虫体操など、夏休みの宿題や自由研究にも役立てられる多彩な関連イベントを予定する。

 「100万種以上生息するといわれている昆虫たちは、小さな体にさまざまな能力を秘めている。相模原にいる身近な昆虫はもちろん、世界ナンバーワンの昆虫を実際に見ることで発見や驚きを感じ、多様性の神秘や大切さを学んでいただければ」と担当者。

 開催時間は9時30分~17時。入館料は高校生以上=300円、小・中学生=100円、65歳以上=150円、幼児は無料。8月31日まで。

地元で世界のカブトムシ・クワガタが見れるのは超魅力的ですね…

もう行ってきました。汗…

 

 

カブトムシ界のアイドル|カブトムシゆかりって

カブトムシ界のアイドル|カブトムシゆかりって

 日本ハムは7日、千葉・鎌ケ谷ファイターズ球場で行われる7月27日のイースタン・リーグ楽天戦で虫好きで知られる“虫ドル”のタレント・カブトムシゆかりが始球式を務めると発表した。

 同日は「鎌スタ☆カブトムシ市」を開催。同日は鎌ケ谷スタジアムの梨畑で生育されたカブトムシを来場者にプレゼントする。

 これまで300匹のカブトムシを飼育したことがあるというカブトムシゆかりは「(鎌ケ谷スタジアムの)梨畑にカブトムシが生息してるなんて初めて聞きました。これを来場者の方にプレゼントするんですか?一匹と言わず、私が全部欲しいくらいです」と話した。

動画

 

 

「カブトムシ界のアイドル|カブトムシゆかりって」の続きを読む…

カブトムシニュース|第24回全国かぶと虫相撲大会

 山形県中山町の町総合体育館で21日、カブトムシが横綱目指して戦う「第24回全国かぶと虫相撲大会」が開かれた。県内外から「子供親方」384人が参加し、優勝を目指して熱戦を繰り広げた。

 長さ約70センチの木の棒を立てて土俵に見立て、30秒以内で相手を落とすか、相手より高い位置にいれば勝ち。子供親方たちは「勝てー」「登れー」と盛んに声援を送り、鍛え上げた弟子を励ました。

 今年は山形市立鈴川小3年、荒井孝太君(8)の愛弟子「カブトドラゴン」が横綱の座に就いた。ツノに重りを付けて特訓した成果といい、「ご褒美は、大好物の昆虫用ゼリーです」。【山中宏之】